忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・陳蘭  袁術から略奪した男



陳蘭(ちんらん)字は不明
揚州廬江郡の人(??~209)
陳簡(ちんかん)とも記されるが単純に誤記か。

~経歴~
袁術(えんじゅつ)の将。
暴政と帝位を僭称したことで人心を失った袁術を見限り、同僚の雷薄(らいはく)らとともに山賊になった。
のちに曹操に敗れた袁術が落ち延びてきたが、陳蘭らはすげなく追い返し、袁術は袁紹を頼って北上する途上に病死した。

袁術の死後、揚州は刺史が殺され無法地帯となり、陳蘭、梅乾(ばいけん)、雷緒(らいしょ 雷薄の別名か)らはおおいに暴れ回った。しかし曹操が派遣した劉馥(りゅうふく)が、空き城の合肥を大都市に発展させ兵力を蓄えると、それに降伏した。

しかし209年、陳蘭、梅成(ばいせい 梅乾の別名か)らは再び山賊となり、孫権と同盟して曹操に対抗した。
曹操は張郃、張遼、李典(りてん)、楽進(がくしん)、臧覇(ぞうは)らを派遣し、陳蘭らを討ち取った。

ちなみに『演義』での陳蘭、雷薄はもっとアグレッシブで、劉備軍に追われた旧主の袁術軍を攻撃し、略奪を働いている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R