忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・貂蝉  三国志一の美女

  

貂蝉(ちょうせん)字は不明
出身地不明(??~??)

~経歴~
「演義」にのみ登場する架空の人物だが、楊貴妃らとともに古代中国四代美女の一人に数えられる。
以下は「演義」での事績。

董卓のもとで政務をつかさどっていた王允(おういん)は、密かに董卓暗殺の策を練っていた。
王允は「美女連環の計」を立てた。養女の貂蝉を董卓とその腹心の呂布の間に送り込み、仲違いさせると、呂布を計画に抱き込んで董卓を暗殺させたのである。
貂蝉はその後、呂布の側室となったが、呂布が曹操に敗れて処刑された後の行方は描かれていない。
創作での扱いはまちまちで、董卓暗殺の直後に自害したものや、呂布の側室を経て関羽の側室となったものまである。
貂蝉の扱い方は作家の腕の見せ所であり、特に鄭飛石の「三国志」は斬新なアイデアを取り入れており、一読を薦めたい。

なお史実での呂布は、董卓の侍女と密通したことを咎められて、身の危険を覚えたことから王允の暗殺計画に参加しており、この侍女が貂蝉のモデルであろう。


~民間伝承での貂蝉~
ある民間伝承では貂蝉は醜女であり、名医・華佗(かだ)の手術によって古代の絶世の美女・西施(せいし)の首と取り替えられ、さらに度胸がなくて計画を実行できないと知ると、今度は肝を、秦の始皇帝を暗殺しようとした荊軻(けいか)のものと取り替えたという、フランケンシュタインか何かのような扱いを受けている。
それよりもどうして華佗は数百年前の偉人の首だの肝だのを持っていたのだろうか。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R