忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・耿武  忠烈の士



耿武(こうぶ)字は文威(ぶんい)
出身地不明(??~191)

韓馥(かんふく)の配下。
191年、韓馥の治める冀州に袁紹が援助を申し出ると、乗っ取りを恐れ耿武、閔純(びんじゅん)、沮授(そじゅ)、李歴(りれき)らは反対した。
しかし韓馥は聞き入れず、多くの配下が彼を見捨てて去っていった。袁紹との会談の際に、耿武と閔純は剣を携え韓馥を守ろうとした。それを見た袁紹は、忠義の士が残っているのを危ぶみ、田豊(でんほう)に命じて後に耿武と閔純を暗殺させた。
その後、彼らが危惧したとおり冀州は袁紹の手に落ち、韓馥もまた暗殺を恐れて自害した。

「演義」でもほぼ同様の事績で、会談の際に閔純(「演義」では関純(かんじゅん)と誤記されている)とともに袁紹に斬りかかるが、顔良(がんりょう)に返り討ちにされる劇的な最期が描かれる。

「横光三国志」では閔純は登場せず、耿武(黄蓋そっくりの老人に描かれる)は単身で袁紹に斬りかかるも、周囲の者にめった刺しにされるという、より無惨な最期となっている。

ちなみに袁紹の冀州入りに反対した残りのメンバーのうち、沮授は袁紹に降伏したが、李歴のその後は不明で「演義」にも一切登場しない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R