忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・笮融  凶悪なる野心家



笮融(さくゆう)字は不明
揚州丹陽郡の人(??~197)

後漢の宗教家にして野心家。
はじめは徐州の陶謙(とうけん)に仕え兵糧輸送などを任されたが、やがてそれらを奪い半ば独立した。
中華に伝来したばかりの仏教に目をつけ、領内に3千人もの信者を収容できる大寺院を建立し、盛大な法会を執り行った。
自分の野心のために利用しただけだが、これが中国での仏教伝来の基礎となったため、中国仏教の功労者の一人に数えられる。

194年、陶謙の部下に父を殺された曹操が徐州を攻めると、笮融は薛礼(せつれい)とともに陶謙から完全に独立し、揚州刺史の劉繇(りゅうよう)を盟主と仰ぎ、戦乱を避けて広陵太守の趙昱(ちょういく)を頼った。
趙昱には賓客として遇されたが、広陵が豊かな土地だと見るや、すかさず趙昱を殺し、略奪の限りを働いた。

その後は劉繇とともに袁術(えんじゅつ)陣営の孫策と戦う。だが孫策に矢傷を負わせたものの「孫策は戦死した」という偽情報に引っかかり大敗を喫した。
領土を失った劉繇に従い、諸葛亮の叔父・諸葛玄(しょかつげん)と豫章を争っていた朱皓(しゅこう)を救援し、諸葛玄を討ち取った。
だがまたも独立の気を起こし、朱皓や盟友の薛礼までをも殺し豫章を支配したため、ついに劉繇とも衝突。敗れて逃亡したが、豫章でも略奪を働いていたせいで付近の住民に捕まり殺された。

「演義」では「正史」での野心家ぶりは鳴りを潜め、単なる劉繇配下の一将として登場。
暗殺するどころか孫策に敗れ処刑されそうになった張英(ちょうえい)の弁護に努めるという「笮融を名乗る何か」にされている。本当に誰なんだお前は。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R