忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・皇甫嵩  天下をつかみそこねた男



皇甫嵩(こうほすう)字は義真(ぎしん)
安定郡朝那の人(?~192)

~経歴~
後漢末の名将。
若い頃から文武両道で知られた。将来を嘱望されたが父を亡くし故郷に帰ると、誰からの招きも断った。しかし声望を聞いた帝自ら召され、ついに出仕した。
黄巾の乱が起きると総大将に推される。波才の大軍に敗れたが「兵の多寡は問題ではない」と味方を鼓舞し火計で大いに敵を打ち破った。董卓が敗れると代役として赴き、張梁を討ち取り、既に病死していた張角の墓を暴いて首を斬り、黄巾の乱を平定した。
一方、朝廷は日に日に力を失い権威は地に墜ちていた。閻忠(えんちゅう)は皇甫嵩に帝位に就くよう勧めたが、皇甫嵩はそれを固辞した。

涼州で王国(おうこく)が反乱を起こすと董卓とともに征伐にあたった。王国は陳倉城(ちんそう)を包囲したため董卓は「早く駆けつけないと陥落する」と危ぶんだ。しかし皇甫嵩は「救援は必要ない」と判断した。事実、陳倉は王国の攻撃を見事にしのぎきった。
包囲を解いた王国が引き上げるのを聞くと董卓は「敵は困窮して引き上げている。せっぱ詰まった相手と戦うのは危険だ」と諫めたが、皇甫嵩は「敵は困窮しているのではなく戦意を失っているのだ」と追撃し、大勝利を収めた。
黄巾の乱の際の敗戦や、この戦でのたび重なる恥で、董卓はおおいに皇甫嵩を憎むようになった。
のちに任地を変えられることになった董卓は、兵を皇甫嵩に渡すよう勅命されたが従わなかった。皇甫嵩の甥は「帝の命令に従わない反逆者は討つべし」と進言したが、皇甫嵩は「勝手に討伐してはそれこそ帝への反逆である」と取りあわず、帝に董卓の命令無視を訴えるだけに留めた。董卓は帝に叱責され、実際には皇甫嵩の寛大な処置で命を長らえたにもかかわらず、逆恨みした。

董卓は権力を握ると早速、皇甫嵩を殺そうとして任官を口実に都に招いた。配下たちは「今こそ帝を担ぎ董卓を討つべし」と言ったが、皇甫嵩は聞こうとしなかった。
董卓と親交の厚かった皇甫嵩の息子は都に急行し、董卓の前に出て助命を嘆願した。周りの者は心を打たれ、ついに董卓も処刑を断念した。
出頭した皇甫嵩を迎えると董卓は手を取り「どうだ参ったか」と言い皇甫嵩は「あなたがこんなにも出世するとは思わなかった」と笑った。董卓が「しょせん燕雀には鴻鵠の志は解らんのだ」とうそぶくと皇甫嵩は「いいえ、2人とも鴻鵠だったのですが、今日あなたは鳳凰となったのです」と応じたため、董卓は笑ってわだかまりを捨てた。

奇妙な絆で結ばれた董卓が誅滅されると間もなく皇甫嵩も没した。
皇甫嵩は誰からも慕われる高潔な人物で、野営するときは全ての幔(テント)ができあがるまで休まず、兵が全員食べ終えるのを待ってから食事をとった。賄賂を取っている配下がいるのを知ると自ら金を与え、それを恥じた配下は自害したという。

大人物であったが、帝位につくことを固辞したこと、ついに董卓を討たなかったことから「大業を成すチャンスを自ら潰した愚か者」とする意見もあり、評価は二分されている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R