忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・田疇  中立国を築いた男



田疇(でんちゅう)字は子泰(したい)あるいは子春(ししゅん)
幽州右北平郡無終県の人(169~214)

190年、22歳の時に劉虞(りゅうぐ)に招聘された。
献帝(けんてい)への使者として都に上がると、騎都尉に任じられようとしたが、当時は董卓に都を牛耳られていたため、天下騒乱のおりに自分だけ出世などできないと固辞した。
帰国すると、劉虞は公孫瓚(こうそんさん)によって暗殺されており、田疇は墓前で慟哭した。それを聞いた公孫瓚は気分を害し殺そうとしたが、毅然と反論したため難を逃れた。

官を辞して郷里に帰ると一族とともに徐無山に隠棲したが、田疇を慕い多くの人々が集まりやがて数千戸に膨れ上がった。
田疇は請われて指導者となると、法を整備し教育に力を注ぎ、いつしかその集落は国にも等しい規模となり、異民族から交流の使者が送られてくるほどであった。
噂を聞きつけた袁紹も陣営に引きこもうとしたが、田疇は中立を保った。

だが207年、袁家を下した曹操が烏桓族の征伐にあたって招聘すると、田疇は抗し切れず、また烏桓族に故郷を襲われた恨みもあり出向いた。
曹操はいったんは属官に任命したものの、実際に言葉をかわすと「彼は下役人にして良い人物ではない」と撤回し、無役のまま道案内を請うた。
田疇の助けもあり烏桓征伐に成功すると、曹操は侯に封じようとしたが、それも固辞して郷里に帰った。
その態度が不遜であると刑罰を加えるよう訴える者もいたが、曹操は問題にしなかった。

その後、田疇は家族だけをつれ都に移り住んだ。かつて招聘してくれた袁紹の子の首が送られてくると、禁令を犯して遺体を引き取り手厚く弔った。死刑に値する違反だったが、これも曹操は罪に問わなかった。
翌年、曹操は田疇に爵位を与えなかったことを悔やみ、共通の友人である夏侯惇に説得を依頼した。
だが田疇は「私は本来、世間から逃げ隠れしていた人間で今こうして暮らしていられるだけでも僥倖です。徐無山の集落を売って爵位に替えるような真似はできません。私を理解してくれていると思っていたあなたですらそんなことを言うのなら、いっそこの首を持ち帰ってください」と固辞した。
夏侯惇はありのままに言葉を伝え、曹操もついに授爵を諦め、代わりにさして高くない官位を与えた。

214年、46歳で没した。子も早世しており、220年に曹丕の命で従弟の田続(でんぞく)が跡を継いだ。
田続は263年の蜀滅亡の混乱に際し、鄧艾を殺した人物でもある。

陳寿は「田疇の節義は、世俗を矯正するに充分である」と大きく評価しながらも、袁紹の子を弔ったことについては、(袁紹に味方した)烏桓の征伐に協力し、袁家の滅亡に寄与しておきながら偽善的である、と批判している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R