忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・王国  一人でも王国



王国(おうこく)字は不明
涼州漢陽郡の人(??~??)

後漢末の群雄。
もともと漢の官吏だったが184年、黄巾の乱に乗じて涼州で宋建(そうけん)とともに反乱を起こし、月氏(胡族)の北宮伯玉(ほっきゅうはくぎょく)と李文侯(りぶんこう)を将軍に立て、さらに土地の名士である韓遂(かんすい)と辺章(へんしょう)を人質に取り、太守や護羌校尉を殺した。
すると王国らは韓遂と辺章を釈放するとともに、盟主として擁立した。

朝廷は張温(ちょうおん)を総大将に討伐軍を差し向けたが、張純(ちょうじゅん)の従軍したいという願いを却下したところ反乱を招いてしまい、戦火が拡大した。
緒戦は彗星の飛来に驚いた韓遂らの動揺に乗じて官軍が制したが、追撃に失敗し6師団のうち5師団が敗走し、董卓の率いた軍だけが無事に撤退し、勇名を轟かせた。
韓遂は態勢を立て直すと、辺章、北宮伯玉、李文侯を殺して軍勢を奪い取った。(辺章は病没したともされる)

ただしこのあたりの推移は出典によって若干の齟齬があり、王国が加わったのは辺章らの死後とされたり、そもそもの首謀者が北宮伯玉と李文侯だったり、宋建ではなく宋揚(そうよう)という人物が登場したりもする。

「合衆将軍」を名乗った王国・韓遂は再び進撃し、傅燮(ふしょう)の守る漢陽城を包囲した。
傅燮は王国らに味方した羌族に慕われ、王国も元官吏であることから降伏を勧めたが、傅燮は「裏切り者が賊徒のために説教するのか」と激怒すると、突撃を仕掛け討ち死にした。
またこの頃から宋建は別行動を取り、「河首平漢王」と称し、独立国家を立て独自の年号を用いたという。

官軍の馬騰(ばとう)も寝返り勢いを増した反乱軍は新たに王国を盟主に据え、188年に陳倉を攻めると朝廷は皇甫嵩(こうほすう)を討伐に向かわせた。
皇甫嵩は副将の董卓の献策を退け、その逆の手を打ってことごとく奏功し王国軍を打ち破った。
王国はこれにより求心力を失い、反乱軍を追放され、主導権は韓遂・馬騰に移った。

王国のその後の消息は不明だが、韓遂・宋建は30年にわたり反乱を続けていくこととなる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R