忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・王叡  黄金一気飲み



王叡(おうえい)字は通耀(つうよう)
徐州琅邪郡臨沂の人(??~189)

後漢の荊州刺史。「二十四孝」の一人として著名な王祥(おうしょう)は甥にあたる。
187年、長沙太守の孫堅とともに区星(おうせい)を討伐した時、孫堅は任地を越えてさらに零陵・桂陽の反乱を鎮圧した。
王叡はこの越権行為に怒り、また身分の低い孫堅を軽んじ、たびたび侮辱したため恨まれていた。

189年、袁紹を盟主に董卓追討軍が結成されると、王叡も参戦を表明し、不仲だった武陵太守の曹寅(そういん)を手始めに討伐するとうそぶいた。
それを知った曹寅は先手を打って王叡を非難する檄文を偽造し、孫堅に王叡の討伐を命じた。
孫堅は(おそらく)偽造と知りながらもこれを勢力拡大の好機と兵を挙げ、王叡の配下の反乱に見せかけて城に迫った。
金品を要求された王叡はおとなしく兵を招き入れたが、その中に孫堅がいるのを認め仰天した。
誅殺されると知った王叡は覚悟を決めると、孫堅の許可を得たのか黄金を溶かして飲み、自害した。
金を飲んで死ぬと死後に裕福になれるという言い伝えを信じたためだったが、御利益あってか彼の一族は晋代に栄華を極め、名家に数えられた。

「演義」では孫堅は善玉に描かれるため、勢力拡大のための上官殺しであるこの逸話は描かれず、王叡は登場しない。

絵師が気軽に描いたおつまみ武将である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R