忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・段珪  十常侍の実行犯



段珪(だんけい)字は不明
兗州済陰郡の人(??~189)

霊帝(れいてい)に重用された宦官。
有力宦官があるいは派閥争いに敗れて処刑され、あるいは自害を強いられて行くなか徐々に頭角を現していき、張譲(ちょうじょう)ら「十常侍」と呼ばれる有力宦官の一人に数えられた。(十常侍は通称でメンバーとして12人が挙げられる)

189年、霊帝が没し劉弁(りゅうべん)が即位すると、その伯父で大将軍の何進(かしん)と十常侍は対立した。
何進は各地から優れた軍人を呼び寄せ対抗しようとしたが、十常侍は劉弁の母(何進の妹)と結託し、先手を打って何進を暗殺した。
その際に実行部隊を率いたのが段珪である。

だが何進を暗殺された配下の袁紹(えんしょう)らはすかさず報復に乗り出し、宮中に突入すると宦官を皆殺しにした。
段珪は張譲とともに劉弁やその弟の劉協(りゅうきょう 後の皇帝)をつれて逃亡したが、何進によって呼び寄せられていた董卓軍の追撃を受け、逃げ切れないと悟ると入水自殺した。

「演義」でもほぼ同様の事績が描かれる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R