忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・橋瑁  三国志の里見家



橋瑁(きょうぼう)字は元偉(げんい)
豫州梁国睢陽県の人(??~191)

後漢末の群雄。姓は喬(きょう)と書かれることも多い。
橋玄(きょうげん)の一族とされるが続柄は定かではない。威厳と温情を兼ね備えた人物で知られた。

189年、宦官と対立する何進(かしん)の呼びかけに応じ挙兵したが、間もなく何進も宦官も倒れ董卓が都の実権を握った。
橋瑁は公文書を偽造し、董卓追討を呼びかける檄文を各地に送った。これに応じた袁紹を盟主に董卓追討軍が結成された。(ちなみに「演義」では檄文を発したのは曹操にされている)

だが戦況の不利を悟った董卓が洛陽を放棄し遷都すると、追討軍は戦意を失い酒宴にふけり、やがて兵糧も尽きて解散となった。
橋瑁は兗州刺史の劉岱(りゅうたい)と対立し、殺害されてしまった。

余談だが「三国志Ⅲ」で橋瑁は君主として登場するが、開始1ターン目に曹操に攻め滅ぼされがちな最弱クラスに設定されており上級者向けである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R