忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・楊昂  五斗米道の呪符使い



楊昂(ようこう)字は不明
出身地不明(??~??)

張魯(ちょうろ)の配下。
前年に潼関の戦いで敗れた馬超が212年、再び蜂起すると楊昂は援軍を率いて駆けつけた。
曹操配下の韋康(いこう)らは冀城に立てこもり応戦したが、孤立無援となり降伏した。その際に馬超は約束を破り、楊昂に韋康を処刑させた。

215年、曹操が漢中征伐に乗り出すと、張衛(ちょうえい)、楊任(ようじん)とともに陽安関を守りいったんは曹操軍を撃退した。
だが曹操は高祚(こうそ)に命じて夜襲を掛けさせ楊任を討ち取り、陽安関を陥落させた。
その後の楊昂の消息は不明である。

「演義」では曹操の漢中征伐で楊任とともに陽平関を守るが、楊任の制止も聞かずにのこのこ迎撃に出て敗走。一騎打ちで張郃に討たれた。

まったくの余談だが絵師は楊任としてこの肖像を描いてくれたが、筆者は韋康らを無慈悲に殺す楊昂のほうが似合うと思い、差し替えてもらった。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R