忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張超  人生他人任せ



張超(ちょうちょう)字は不明。「演義」では孟高(もうこう)
兗州東平郡の人(??~195)

~経歴~
後漢末の広陵太守。張邈(ちょうばく)の弟。

董卓が都で専権を振るっていたおり、兄や喬瑁(きょうぼう)らとともに董卓追討軍を結成した。
このとき、同盟の宣誓者として腹心の臧洪(ぞうこう)を推薦し、臧洪は立派に大役を果たした。
しかし董卓追討軍に名を連ねた諸侯のほとんどは、名声目当てで名ばかりの参戦をしただけで、積極的に戦う意志はなく、孫堅らの猛攻で董卓が洛陽を捨てて退却し、追討軍の兵糧も尽きると自然解散の流れとなった。

194年、曹操が父の仇である徐州の陶謙(とうけん)を攻めると、呂布、陳宮(ちんきゅう)らはその隙をつき張超兄弟とともに反乱を起こした。
兗州のほとんどは呂布軍の手に落ちたが、留守を預かる荀(じゅんいく)、程(ていいく)、夏侯惇、韓浩(かんこう)らの必死の抵抗で、3つの城だけは陥落せず、曹操の帰還までなんとか守り抜いた。

翌年、曹操の反撃により呂布は劉備のもとへ逃れ、張超は兄とともに籠城を強いられた。かつての腹心・臧洪はこのとき袁紹に仕えており、往時、張超は広陵の政務のほとんどを臧洪に委ねていたほどその信頼は厚く「臧洪は助けに来てくれるだろう。しかし袁紹がそれを許すはずはなく、きっと救援は間に合うまい」と言った。
はたして臧洪は手を尽くしたが援軍を出せず、城は陥落した。
張超は自害し、兄の張邈も脱出しようとして殺された。臧洪もまた袁紹を恨んで反乱し、張超と同じように籠城戦の末に敗死している。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R