忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張衛  教祖の弟



張衛(ちょうえい)字は公則(こうそく)
豫州沛国豊県の人(??~??)

五斗米道を率い漢中を治めた張魯(ちょうろ)の弟。
215年、曹操が漢中に攻め寄せると張魯は降伏を考えたが、張衛は反対し楊任(ようじん)らとともに陽安関に籠城した。
一時は曹操軍の撃退に成功したが、高祚(こうそ)に夜襲を受け楊任が戦死し、敗走した。

張衛はなおも陣を築き抵抗したが、陣を野生の鹿が数千頭も通過し崩壊。(曹操軍の計略によるものかは不明)
さらに偵察に来ていた高祚の軍と夜間に出くわし、驚いた高祚が援軍を呼ぼうと軍鼓を打ち鳴らしたところ、それを襲撃の合図と勘違いした張衛軍は泡を食って潰走し、ついに戦意喪失した張衛は降伏した。

その後の行方は不明だが正一教(後の五斗米道)の伝記である「天師世家」には曹操によって将軍に任じられたとあり、また兄の張魯や重臣の閻圃(えんほ)らも侯に封じられており、生きていれば同様に扱われたと思われる。

「演義」では連戦連敗にも戦意を失わず徹底抗戦を続けた末に、許褚との一騎打ちに敗れ討ち取られた。
「横光三国志」では一騎打ちのシーンをカットされ討ち取られたことが報告されるだけである。
「北方三国志」では主役級に抜擢され全巻に登場しているという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R