忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張楊  瞳をとじて 帝を守るよ



張楊(ちょうよう)字は雅叙(がじょ)
并州雲中郡の人(??~198)

~経歴~
後漢末の群雄。
勇猛で知られ、并州刺史の丁原(ていげん)に仕えた。
この時期、霊帝(れいてい)は皇帝直属の部隊を編成しており、寵愛する宦官の蹇碩(けんせき)に命じて、各地から軍勢を集めさせた。
張楊も丁原の代理として上京したところ、蹇碩の目にとまり登用された。

だが霊帝が亡くなり部隊編成の話は立ち消えとなり、蹇碩もまた大将軍・何進(かしん)によって殺された。
張楊はそのまま何進に仕え、并州に戻り徴兵を命じられたが、何進までも宦官に殺されてしまう。
都では混乱に乗じて董卓が実権を握ったため、張楊はそのまま周囲の県を攻撃して多くの兵を集めた。
諸侯が董卓追討軍を結成すると、張楊はその盟主である袁紹のもとに属した。袁紹は次第に勢力を伸ばし、191年には冀州の韓馥(かんふく)を戦わずして降したが、張楊の合流した袁紹軍が強大であったのが、降伏の理由だったという。

その後、異民族の王で、国に帰れず遠征軍とともに各地を流浪していた於夫羅(おふら)は、属していた袁紹陣営を離れ独立した。
同調しなかった張楊は捕らえられ、しばらく同行させられる羽目となったが、やがて王匡(おうきょう)が暗殺されると後任の河内太守として赴任することになり、ようやく解放された。

192年、専権を振るっていた董卓は呂布に暗殺されたが、呂布もまた董卓残党に追われて都を逃げ出した。
袁術(えんじゅつ)、袁紹に仕えようとしたが、呂布の並外れた武勇と反骨心を恐れた袁術らは、逆に呂布の暗殺を企てた。
そのため呂布は同郷で、人格者で知られた張楊に庇護を求めた。袁紹は呂布を恐れてそれを咎めることができなかったという。
さらに後に魏の中枢人物となる董昭(とうしょう)も、袁紹のもとを離れ張楊に仕えた。

195年、献帝(けんてい)が董卓残党の専横から逃れて都を出ると、張楊は董昭の進言によって、それを保護した。
張楊は旧都の洛陽に兵を進めようとしたものの、諸臣の反対にあい、任地に引き返した。その際、董昭は献帝のもとに残った。
だが翌196年、結局、洛陽に戻った献帝のもとに張楊は再び馳せ参じると、董卓によって焼け野原にされた洛陽には何もなかったため、多くの衣服や食料を献上した。
しかし諸臣との仲は依然、険悪だったため、外敵に備えると言い残し、任地に戻った。

張楊は慈悲深く温和な人柄で、刑罰を好まなかった。使用人が罪を犯した時でさえ、涙を流すばかりで罰を与えられないほどであったというが、その心優しい性情は、こうした逸話からも透けて見える。
また張楊のもとを離れ、劉備から徐州を乗っ取った呂布が曹操と戦った際、張楊は支援に赴きたかったが遠路でかなわなかったため、わざわざ近くの市場まで出向いて面会し、呂布を励ましたというから、徹底した人格者である。

だが198年、張楊は家臣の楊醜(ようしゅう)によって殺された。
楊醜は張楊の首を手土産に曹操に降ろうとしたが、同僚の眭固(すいこ)に仇討ちされた。
眭固は袁紹を頼ろうとしたが、曹操軍によって斬られた。
その残党は、曹操に仕えていた董昭の手引きで、曹操に降伏したという。

張楊の並外れた慈悲心について行けない家臣も多く、内部分裂を起こしていたのだろうか。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R