忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張松  お兄ちゃんさえいなければ

  

張松(ちょうしょう)字は子喬(しきょう)
蜀郡成都の人(?~212)

~経歴~
劉璋(りゅうしょう)の臣。
兄の張粛(ちょうしゅく)は貫禄があり立派な容貌だったが、張松は才知にあふれていたものの放蕩で節操がなかった。
曹操が荊州を征討する軍を興すと、張粛は貢物を届け太守に任じられた。次に張松が使者として赴くと、すでに荊州の制圧は終わっていたため、張松には県令の職しか与えられず、張松はそれを恨んだ。
楊脩(ようしゅう)は張松を引見し、彼が曹操の著した兵法の注釈書(演義では孟徳新書と名づけられている)を一読しただけですべて暗唱して見せたため、ぜひ召し抱えるよう言上したが、曹操は取り合わなかった。
曹操が赤壁で敗れ、疫病で多くの兵を失うと、張松は曹操と絶縁し劉備と手を組むよう提案した。劉璋は同族ということもあり賛成し、法正(ほうせい)、孟達(もうたつ)らに兵を預け劉備に協力させた。のちに帰国した法正は劉備の人となりに心服し、また劉璋に冷遇されていたため、劉備を益州の主にしようと張松と密議をこらした。
曹操が漢中の攻略に乗り出すと、張松は恐れをなした劉璋に「劉備を迎え入れ曹操に対抗させましょう」と献策した。劉璋はこれにも同意し、自ら兵を率いて迎え入れたため、劉備はまるで帰郷するようにたやすく益州に兵を入れることができた。
だがもてなしの宴会は百日あまりつづき、やがて劉備は孫権の動きに備えるため東へ兵を返そうとした。これは劉璋を油断させる策略だったが、そうとは知らない張松は考えを改めるよう劉備に手紙を送った。だがこれが兄の張粛の手にわたってしまい、張松は処刑された。

余談だが演義での字は永年(えいねん)になっているが、これは彭羕(ほうよう)の字と取り違えており、『横光三国志』はきちんと張松と永年(横光では彭羕という名前は出てこないが)を別人として描いている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R