忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・劉琦  病弱な長男



劉琦(りゅうき)字は不明
兗州山陽郡高平県の人(??~209)

劉表(りゅうひょう)の長男。劉琪と書くことも。

慈悲深く親孝行ではじめは父にもかわいがられたが、異母弟の劉琮(りゅうそう)の妻の伯母である蔡氏(さいし)が、重臣で蔡氏の弟でもある蔡瑁とともに劉琮を後継者に据えようと結託し、劉琦を讒言し続けたため、劉表に次第に疎まれるようになった。
身の危険を感じた劉琦は、客将として荊州にいた劉備の腹心・諸葛亮に相談した。諸葛亮は孫権によって討たれたばかりの黄祖(こうそ)の後任として江夏に移り住むよう助言し、それに従った。
その際にはまず諸葛亮を二階に案内した後にハシゴを外し「天と地の間に二人しかいないから何を言っても問題ない」と助言を求めたというが、それならなぜこの逸話が後世に伝わっているのか不思議である。

208年、劉表が危篤に陥ると見舞いに駆けつけたが、蔡瑁らに妨害され面会はかなわなかった。
劉表が没し、跡を継いだ劉琮は南下してきた曹操軍に抵抗せず降伏したが、劉琦は逃亡した劉備と合流し、赤壁の戦い後、荊州牧に擁立された。
だが翌年、劉琦もまた亡くなり、劉備と孫権の間で荊州の統治権が争われることとなる。

「演義」でもほぼ同様の事績が語られるが、長坂の戦いで敗走する劉備を、軍勢を率いて迎えに行った(余談だが「横光三国志」でその際に船上から「叔父上 叔父上」と手を振る劉琦はなんか笑える)彼が、事前に病弱フラグは立てていたとはいえ翌年にぽっくり死ぬのはいささか唐突である。

また「柴錬三国志」では劉表の弟と設定されるが、あまり良いアレンジとは思えない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R