忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・劉焉  城が焼けたよ



劉焉(りゅうえん)字は君郎(くんろう)
江夏郡竟陵県の人(??~194)

後漢末の群雄。劉璋(りゅうしょう)の父。
皇帝の末裔という血縁を活かし、また学問に長じたため重職を歴任した。
霊帝(れいてい)の時代、政治の腐敗や黄巾の乱で地方の支配力が弱まっていたため、新たに州牧という地位を設け、優れた人物を配置するよう上奏した。
劉焉ははじめ、中央の混乱を避け交州の牧に任命されることを望んだが、董扶(とうふ)という占術に優れた人物が益州に天子の気があると密かに告げたため、益州への赴任を望むようになった。
やがて益州刺史の郤倹(げきけん 郤正(げきせい)の祖父)がしくじり、また各地で刺史が殺害される事態が相次いだため、劉焉の進言は容れられ、益州牧に任じられた。董扶、趙韙(ちょうい)が随行した。(董扶は益州出身であり、里帰りのために劉焉をたきつけたと思われる)

その頃、益州では馬相(ばしょう)、趙祗(ちょうき)らが黄巾賊を名乗り反乱を起こしていた。
馬相は郤倹を殺すと皇帝を自称し、万余の兵を集めたが、豪族の賈龍(かりょう)はわずか1千強の兵で馬相を討ち取り、劉焉を迎え入れた。

劉焉は中央から遠く離れた益州での独立を画策し、まず五斗米道の教祖である張魯(ちょうろ)に目をつけた。
張魯の母も交えた親密な関係を築くと、彼に漢中を占拠させ、その一方で中央には張魯によって道を阻まれたため連絡を取れないと報告した。
そして賈龍ら豪族を次々と殺害し地盤を固めると、まるで皇帝のように振る舞い始めた。
朝廷は都に出仕していた四男の劉璋を派遣し説得させようとしたが、劉焉は劉璋を手元に置いたまま返さなかった。

馬騰(ばとう 馬超の父)は劉焉と共謀し、李傕(りかく)ら董卓の残党が支配する長安の奪還を企てた。
劉焉は長男と次男を派遣したが、敗北しともに命を落とした。
さらに居城としていた綿竹関が落雷で焼失したため、後方の成都に拠点を移した。劉焉は相次ぐ不幸で病を得ると、194年に没した。

重臣となっていた趙韙は暗愚と噂される劉璋に跡を継がせた。だが想定よりも劉璋が従わなかったため反乱を起こし、201年に敗死した。
劉焉は地方でなかば独立を果たした群雄たちの先駆け的存在だが、陳寿はそのあけすけな野心を酷評している。

「演義」では黄巾の乱に際し幽州太守を務めており、義勇軍を率いる劉備に窮地を救われた。
それが後に劉璋が劉備を親しげに迎え入れることへの伏線となっているが、劉焉が幽州を治めていた(そもそも州なのに太守?)記録は「正史」には見当たらない。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R