忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・公孫淵  自称・燕王



公孫淵(こうそんえん)字は文懿(ぶんい)
遼東の人(??~238)

~経歴~
遼東を領した公孫氏の当主。「燕」を建国し独立を果たしたが司馬懿によって滅ぼされた。

遼東太守・公孫康(こうそんこう)の子。父が死去した時、まだ幼かったため跡を継げず、叔父の公孫恭(こうそんきょう)が当主となった。
しかし228年、公孫淵は長じると公孫恭を脅して地位を追い、当主の座についた。

遼東は中央から遠く、公孫氏は表では魏に従いながらも、裏では呉とも通じ、半独立を保っており、歴史家の中には三国時代は遼東を含め四国時代とすべきだと主張する者もいる。
233年には呉から燕王に任じられたが、心変わりして呉の使者を殺害し、その首を魏に送り賞せられた。
ところが238年、強欲な公孫淵は地位に不満を抱き、「燕」を建国し独立を宣言した。
討伐を命じられた司馬懿は、公孫淵がどんな策をとり、それに対しどう戦うのかと尋ねられると「城を捨てて逃げるのが上策、河を盾に戦うのが中策、城にこもるのが下策です。公孫淵に知恵があれば城を捨てるでしょうが、そんな頭は持っていません」と答え、「行きに100日、帰りに100日、戦いに100日、休養に60日で1年でかたがつくでしょう」と余裕を見せ、事実、公孫淵は諸葛亮との戦いに明け暮れた司馬懿の敵ではなく、たやすく撃破された。

呉に救援を求めたが、先に使者を処刑された孫権が応じるはずもなく「司馬懿が相手とは気の毒だ」と冷たく返されるだけだった。
公孫淵は籠城の末に、降伏ではなく和睦を申し出た。だが司馬懿は使者の王建(おうけん)を斬り殺すと「私は魏帝から侯に封じられた身だ。王建ごときに兵を退けと命じられるいわれはない。きっと王建はもうろくして命令を伝え損なったのだろう。もっと若くて頭の良い使者をよこせ」と命じた。
次いで衛演(えいえん)が使者として赴いたが司馬懿は「戦には5つの選択肢がある。戦意があるときは戦う。戦意がなければ守る。守れなければ逃げる。あとは降るか死ぬかだ。降伏しないお前には死、あるのみだ」と言い、和睦を却下した。

恐れをなした公孫淵は城を捨てて逃げ出したが、捕らえられて処刑された。
司馬懿は遼東が遠く、すぐには討伐に来られないため、未然に反乱の芽を摘もうと、領民の中から成年男子7000人を殺した。また戦前の予告通り、平定には1年とかからなかった。
公孫氏はことごとく殺されたが、遼東を追われ都にいた公孫恭だけは、忠臣であるとして司馬懿に赦された。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R