忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・何氏  何進肉特価グラム十円



何氏(かし)
荊州南陽郡宛の人(??~189)

屠殺業を営む何進(かしん)の妹だったが、美貌と賄賂と宦官のコネを駆使して霊帝(れいてい)に嫁ぎ劉弁(りゅうべん 後の少帝)を産んだ。勝ち気な性格で後宮の和をたびたび乱したという。
またただの肉屋の娘扱いされることが多いが、皇帝にコネのある宦官につてがある時点で庶民ではなく有力豪族の出と思われる。

やがて正室の宋氏(そうし)が霊帝の寵愛を失い、さらに宦官の讒言を受け失脚すると、代わって皇后に立てられた。
側室の王美人(おうびじん)が劉協(りゅうきょう 後の献帝)を産むと激しく嫉妬し、ついに王美人を毒殺するに至ると、さすがに霊帝も何氏を廃そうと考えたが、宦官の取り成しによって事なきを得た。
以降も何氏と宦官は一蓮托生の動きを見せており、宋氏の失脚からして何氏と宦官の結託による策謀か、あるいは傀儡政権を作るため宦官とたがいに利用し合ったと思われる。

189年、霊帝が没し年若い劉弁が即位すると、何氏は摂政として権限をふるい、最大の政敵だった董(とう)太后(霊帝の母)も追放した。
だが大将軍となっていた兄の何進は宦官の一掃を企み董卓ら武勇に優れた者を各地から集めた。何氏と宦官は先手を打って何進を暗殺したが、その配下の袁紹は激怒して宮中に突入し、宦官を皆殺しにしてしまった。
そして混乱に乗じて実権を握った董卓は、一族(と董卓が考える)の董太后の復讐として何氏の排除に動き、脅迫し劉弁を廃位させると、董太后が養育していた劉協を即位させた。
何氏も義母(董太后)への不孝を問責され、幽閉の末に殺害された。霊帝の墓に合葬されたが、董卓はその副葬品を根こそぎ奪ったという。

「演義」でもほぼ同様の事績が描かれ、最後は毒酒をあおるよう董卓配下の李儒(りじゅ)に迫られるも拒否したため、幽閉中の塔から母子そろって突き落とされた。
「蒼天航路」では董卓と結託しようとするもセクロス中に絞め殺されるというインパクトのある最期を遂げた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R