忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・丁原  呂布の最初の犠牲者



丁原(ていげん)字は建陽(けんよう)
出身地不明(??~189)

~経歴~
後漢末の群雄。幕下には三国志最強の男・呂布がいた。

家柄は悪く人となりも粗暴で、実務能力も低かったが、武勇に優れ騎射を得意としていた。命令あらばいかなる困難も恐れず、常に先陣に立って戦い、やがて并州刺史や騎都尉を歴任した。
大将軍・何進(かしん)は宦官の一掃をもくろみ、勇猛な董卓や丁原を招いた。
何進は丁原に命じて都の近郊に火を放たせた。丁原は「黒山伯」という賊徒だと名乗り、宦官の誅滅を求めたが、何太后(か 何進の妹で現皇帝の母)は恐れおののいたものの首を縦には振らなかった。
何進が宦官の逆襲にあい暗殺され、その報復で宦官も一掃されると、混乱に乗じて董卓が都の権力を握った。
董卓は呂布を裏切らせ、丁原を殺すとその兵力を奪い取った。董卓は三千程度の兵力しか伴っていなかったが、何進、丁原らの兵を吸収し、一気に勢力を拡大したのである。

『演義』での丁原は呂布の養父とされ、さらに呂布は董卓に赤兎馬を贈られたことで寝返っており、物につられて養父をも殺す男と、呂布の非情さを際立たせる演出が施されている。
ちなみに丁原は『演義』をはじめほとんどの創作で「荊州刺史」と誤記されているが、字面から見間違えたものが、訂正されず踏襲されていったのだろうと思われる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R