忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――その他・鄒靖  劉備の最初の理解者

    

鄒靖(すうせい)字は不明
出身地不明(?~?)

後漢の将。
184年、黄巾の乱に際し挙兵した劉備は、鄒靖の指揮下で戦った。

185年、韓遂(かんすい)・辺章(へんしょう)が反乱すると、討伐を命じられた皇甫嵩(こうほすう)は、烏桓に派兵を要請しようとした。
長く辺境で暮らし、異民族の知識が豊富な鄒靖は「烏桓の兵は弱いから鮮卑の兵を採用すべきだ」と進言したが、応劭(おうしょう)が「鮮卑の兵は強いが略奪を働く恐れがある」と反対し、烏桓への派兵要請が決定した。

「演義」では黄巾の乱に頭を悩ませる幽州太守(架空の役職であり正しくは幽州刺史)の劉焉(りゅうえん)に、鄒靖は義勇軍を募集するよう進言した。これに応じて挙兵したのが劉備である。
黄巾賊の程遠志(ていえんし)、鄧茂(とうも)を劉備・関羽・張飛は初陣で討ち取り、次いで青州太守(正しくは青州刺史)の龔景(きょうけい)を救援。
その後、劉備は恩師の盧植(ろしょく)の援軍に向かったため鄒靖の指揮下を離れ、鄒靖は以後登場しない。

鄒靖は劉備の最初の理解者として描かれ「横山三国志」では「あんな若者が配下に欲しい」と言わせている。
また劉焉は後に劉備が益州を制圧した時の益州牧である劉璋(りゅうしょう)の父で、かつて父を救った恩人である劉備を、劉璋が歓迎する伏線となっている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R