忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――その他・張譲  宮中に巣食う妖怪



張譲(ちょうじょう)字は不明
豫州潁川の人(?~189)

後漢末に朝廷を牛耳った十常侍の筆頭格。
若い頃から趙忠(ちょうちゅう)とともに権勢を振るい、政治を壟断した。
蜀・魏に仕えた孟達(もうたつ)の父・孟佗(もうだ)は張譲に賄賂を贈り涼州刺史の地位を得たと伝わる。
宦官のライバルが次々と脱落していく中、張譲は霊帝(れいてい)に「我が父」、趙忠は「我が母」と呼ばれるほどに信頼され、彼ら12人の有力宦官は「十常侍」と呼ばれ、栄華をほしいままにした。

184年、張角が黄巾の乱を起こすと、張鈞(ちょうきん)は十常侍が元凶であるとして処刑を求めた。
張譲らは自ら処罰を求め、重職にあった一族を罷免し、私財を国庫に入れることで霊帝の歓心を買い処罰を避けると、逆に張鈞を黄巾賊の内通者として処刑させた。
さらに王允(おういん)は張譲こそが内通者であると暴露したが、張譲はすでに死去していた宦官に罪をなすりつけ難を逃れると、王允も讒言で失脚させた。

185年、宮殿が火災により焼失すると、各地から徴税し修繕費にあてたが、十常侍が着服したため資金が足りず、宮殿は翌年になっても全く修復できなかったため、重税を課された民衆や地方官から恨まれた。

189年、霊帝が没し劉弁(りゅうべん)が即位すると、伯父で大将軍の何進(かしん)は宦官の排除を目論んだ。
だが劉弁の母で何進の異母妹でもある何太后(か)は、妹を張譲の養子に嫁がせるなど十常侍とは昵懇で、密かに何進の暗殺を企んだ。
何進は董卓や丁原(ていげん)ら強大な軍権を持つ地方官を呼び寄せそれに対抗しようとしたが、十常侍に先手を打たれ暗殺された。
何進の部下の袁紹・袁術(えんじゅつ)らはこれを好機と仇討ちと称して宮廷に突入し、趙忠ら十常侍を次々と殺した。
張譲は劉弁とその弟の劉協(りゅうきょう 後の献帝)を連れ脱出したが、盧植(ろしょく)らの追撃を受け観念し入水自殺を遂げた。

その後、宮中の混乱に乗じて董卓が実権を握り、劉弁や何太后を暗殺して権勢を振るい、後漢王朝は滅亡への勢いを加速させていくこととなる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R