忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・韓暹  楊奉の相方



韓暹(かんせん)字は不明
并州の人か?(??~197)

白波賊の頭目。
195年、献帝は李傕(りかく)・郭汜(かくし)ら董卓残党の支配する長安から脱出し、洛陽に向かった。
その際に李傕の配下で、暗殺を図り失敗した楊奉(ようほう)が献帝に助力した。楊奉も元は白波賊の頭目であり、かつての同志に救援を求めた。
韓暹は李楽(りがく)・胡才(こさい)ら他の頭目とともにそれに応じ、献帝を護衛した。
白波賊は活躍し、献帝は途上で安邑を仮の都に定めた折に、韓暹を征東将軍に任じた。

翌196年7月、無事に洛陽に到着すると、韓暹は大将軍、楊奉は車騎将軍に上った。
だが韓暹・楊奉はそれに驕り高ぶり、部下の盗賊たちに好き勝手に官位を与えるなどしたため、献帝の側近である董承(とうじょう)と対立した。
さらに救援に現れた曹操とも対立し、献帝を庇護下に置かれると都を追われ、袁術(えんじゅつ)のもとへ落ち延びていった。
またこの頃に李楽・胡才は官を辞して本拠地の河東へ帰っている。

197年、袁術が呂布を攻めると、呂布の配下にいた陳珪(ちんけい)は韓暹・楊奉を調略した。
韓暹らはそれに応じ袁術軍の将軍を十数名殺した上で寝返り、大敗させた。
以後は呂布に従うが次第に反目し合うようになり、呂布と対立する劉備に接近したところ、楊奉が騙し討ちにされ首を獲られた。(当時の劉備は曹操の麾下におり、曹操の意向もあったと思われる)
韓暹は逃げ出し并州を目指したものの(そのため并州が故郷と推測される)途中で県の官吏をしていた旧友の張宣(ちょうせん)によって討たれた。

「演義」でもほぼ同様の事績をたどるが、李楽が白波賊の中心人物に描かれるためさほど目立たない。
また最期は略奪を働いたために劉備に誅殺されたとし、劉備の美化が図られている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R