忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・楊奉  根無し草



楊奉(ようほう)字は不明
出身地不明(??~197)

~経歴~
黄巾賊からはじまり次々と主を変えた流転の将。

黄巾賊の一派である白波賊の頭目だった。後に李傕(りかく)に仕えるも、自分が取って代わろうとしたのか、暗殺を企んだが失敗した。
部下の徐晃の進言により、李傕のもとから脱出した献帝(けんてい)を守り洛陽へと向かった。楊奉らの兵は少なかったため、旧友で白波賊の頭目である韓暹(かんせん)や、帰る国を失いさすらっていた異民族の王・於夫羅(おふら)らの助力を得て戦った。
この功績により車騎将軍に任じられたが、おごり高ぶった楊奉・韓暹は帝の側近である董承(とうじょう)や駆けつけた張楊(ちょうよう)と衝突し、次第に疎まれていった。
そして張楊が残していった董昭(とうしょう)が密かに曹操に救援を求めると、楊奉・韓暹は敗走し袁術(えんじゅつ)のもとへ落ち延びた。またその際に徐晃は曹操に降っている。

197年、袁術と呂布が争うと、皇帝を僭称していた袁術に嫌気がさしていたこともあり陳珪(ちんけい)の説得に応じて、韓暹とともに呂布に寝返った。大軍を率いていた二人の寝返りによって袁術は大敗した。
しかし同年末、呂布に追われ、曹操に降ろうとした劉備によって、手土産がわりのように韓暹ともども酒席で暗殺された。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R