忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・李楽  演義では極悪人



李楽(りがく)字は不明
出身地不明(??~??)

白波賊の頭目。
195年、献帝は李傕(りかく)・郭汜(かくし)ら董卓残党の支配する長安から脱出し、洛陽に向かった。
その際に李傕の配下で、暗殺を図り失敗した楊奉(ようほう)が献帝に助力した。楊奉も元は白波賊の頭目であり、かつての同志に救援を求めた。
李楽は韓暹(かんせん)・胡才(こさい)ら他の頭目とともにそれに応じ、献帝を護衛した。
その中でも李楽は董承(とうじょう)ら献帝の側近とともに左右に侍り、渡河を先導するなど活躍が目立ち、献帝は途上で安邑を仮の都に定めた折に、李楽を征北将軍に任じた。
だが翌196年7月、無事に洛陽に到着すると、李楽と胡才は本拠地の河東へと帰った。時期は不明だが同地で病没したという。

その他の頭目のうち胡才は間もなく暗殺され、楊奉・韓暹は献帝の救援に現れた曹操と争い、袁術(えんじゅつ)・呂布を頼った後にやはり暗殺された。彼らと比べると李楽は平穏な生涯を全うしたと言えるだろう。

だが「演義」での李楽は白波賊の中でも暴虐非道な人物に描かれる。
献帝を護衛する経緯は同じだが、渡河の際には河に落ち助けを求め船に乗ろうとした人々の手を斬り捨てたり、李傕・郭汜に寝返り献帝を拉致しようとした挙句に、楊奉の配下にいた徐晃に殺された。
だが史実では渡河の際に手を斬って回ったのは董承であり、李傕・郭汜に寝返った逸話は完全な創作である。
なまじ中心人物だっただけに、白波賊の悪行のほとんどを創作で押し付けられてしまった気の毒な役回りであった。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R