忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張宝  黄色い幻術家



張宝(ちょうほう)字は不明
冀州鉅鹿の人(??~184)

張角の弟。黄巾賊の指導者の一人で地公将軍を自称した。
黄巾の乱が起こった時、すでに張角は病床にあったため張宝が実質的に指揮をとったとされる。

皇甫嵩(こうほすう)らの討伐軍に敗れ籠城するが、そのさなかに張角は病死し、弟で中心人物の張梁(ちょうりょう)は戦死。
張宝も捕らえられて処刑された。

「演義」では妖術使いとして現れ官軍を翻弄するが、朱儁(しゅしゅん)に術を看破されて首を獲られた。
「吉川三国志」では妖術は気候や地形を利用したトリックで、それを見破った劉備によって同士討ちを引き起こされ、挙句に射殺された。作中で劉備が自ら討ち取った唯一の敵将である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R