忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・韓胤  袁術軍きっての頭脳派



韓胤(かんいん)字は不明
出身地不明(??~197)

袁術(えんじゅつ)の臣。
197年、皇帝を僭称した袁術は呂布との同盟を考え、呂布の娘を息子の嫁に迎えようとし、韓胤を派遣した。
呂布もそれに応じいったんは娘を送ったが、曹操と内通していた陳珪(ちんけい)は、これ以上呂布の勢力が強まるのを恐れ、説得し翻意させた。
そして娘は連れ戻され、韓胤は曹操のもとへ送られ斬首された。

「演義」では嫁入りの失敗後もしばらく呂布のもとに残り説得を続けた。
だが曹操のもとから呂布の懐柔のため官位を与える使者が来た時、折悪しく袁術からも催促の使者が到着してしまう。呂布は曹操側につくことを選び、袁術の使者を斬り捨てると韓胤を曹操に引き渡したため、やはり斬首された。無駄なワンクッションだった。

余談だがコーエーのSLGでは政治60程度ながら、脳筋揃いの袁術軍の中では貴重な文官である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R