忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・郭援  隠れた猛将



郭援(かくえん)字は不明
出身地不明(??~202)

~経歴~
袁紹の三男・袁尚(えんしょう)の配下。魏の重臣・鍾繇(しょうよう)の甥にあたる。

202年、袁紹が後継者を指名しないまま亡くなると、両親に寵愛された袁尚と長子の袁譚(えんたん)は激しい家督争いを繰り広げた。
だが曹操が攻め寄せると兄弟は一時的に手を組み、匈奴の王・呼廚泉(こちゅうせん)に曹操軍の背後を襲わせた。
長安に詰めていた鍾繇がすかさず鎮圧に動くと、袁紹の甥・高幹(こうかん)と郭援が救援に向かい、さらに西涼の馬騰(ばとう)も長安を窺う素振りを見せた。
郭援は名高い賈逵(かき)を捕らえると家臣になるよう促したが、賈逵は首を縦に振らなかった。
激怒した郭援は刀で脅し、ついには殺そうとしたが、周囲の者や賈逵が治めていた郡の領民が助命を嘆願したため、思いとどまった。

窮地に陥った鍾繇は、張既(ちょうき)を送り馬騰を説得させ、馬超、龐徳の援軍を得ることに成功した。
鍾繇・馬超の連合軍は郭援らと激突し、馬超が手傷を負うほどの苦戦を強いられながらも勝利した。
龐徳は郭援を討ち取り、持ち帰った首級を見ると鍾繇は号泣した。龐徳は謝罪したが、鍾繇は「逆賊を討ったのに謝る必要はない」と公私を別にしてねぎらったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R