忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・蒋義渠  謎多き男



蒋義渠(しょうぎきょ)字は不明
出身地不明(??~??)

袁紹の将。官渡の戦いで敗北した袁紹はわずか800の敗残兵とともに黎陽に落ち延びた。これを迎え入れたのが黎陽の守将だった蒋義渠である。
「正史」でも「演義」でも出番はこれっきりだが、なぜかSLGの「三國志」にはしょっちゅう登場している。
中でも「三國志Ⅴ」では官渡の戦い直後のシナリオ4でだけ袁紹配下として登場し、他のシナリオではいずれも在野武将という左慈や于吉(うきつ)といった仙人と同然の扱いで、シナリオ6(219年)にいたっては在野武将は彼一人だという。
また「吉川三国志」ではなぜか姓を省かれ義渠(ぎきょ)という人物として登場する。


~蒋義渠は蒋奇なのか~

袁紹の配下には同姓の蒋奇(しょうき)という者がおり、2014年12月現在wikiには「蒋奇。字は義渠」と同一人物として記されている。
たしかに義渠は黎陽にも近い地名であり、出身地を字とする例は他にもある。
だが「後漢書」では「袁紹は蒋奇を派遣した。(中略)袁紹軍は蒋義渠の営地に入った。(中略)蒋奇は審配(しんぱい)に諫言した」のように蒋奇と蒋義渠の名を使い分けており(なにぶん中国は名前に関してきわめていいかげんなのだが)やはり別人だという感は否めない。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R