忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・沮授  不遇の軍略家、信念に殉ず



沮授(そじゅ)字は不明
広平の人(?~200)

~経歴~
袁紹の謀臣。読みは正確には「しょじゅ」らしいが「そじゅ」で通す。
若いころから大志を抱き、多くの計略を胸に秘めていた。韓馥(かんふく)に仕えていたとき、韓馥は袁紹に地位を譲ろうとしていた。沮授は厳しくいさめたが、聞き入れられなかった。袁紹に仕えるようになると、その智謀を見込まれ大きな権力を与えられる。しかし優柔不断な袁紹に彼は苦しめられることになる。
都が李傕(りかく)らに占領されていたとき、沮授は「今こそ献帝(けんてい)を迎えるべし」と訴えたが、郭図(かくと)や淳于瓊(じゅんうけい)らが「漢の世は終わった」と反対したため、却下された。
また袁紹が長男の袁譚(えんたん)をないがしろにし三男に跡を継がせようとするのにも反対したが、やはり受け入れられなかった。

沮授の煩悶はつづく。公孫瓚(こうそんさん)を討ち北方を平定した袁紹は、ついに曹操との対決を決意する。だが沮授は「戦いがつづき兵は疲弊している。それに曹操は帝を迎え、これと戦うことは不義にあたる」と反対した。しかし例によって郭図が開戦を支持し、さらに「沮授の権力は強すぎる。沮授が謀反をたくらんだら一大事だ」と袁紹の危機感をあおったため、袁紹は沮授の有していた軍権を、沮授・郭図・淳于瓊の三人に分けた。
袁紹の信頼は完全に薄れ、「顔良(がんりょう)を単独で先行させてはならない」「戦いを急いではならない」などの献策はすべて退けられた。
敗北を悟った沮授は戦いを前に財産を一族に分け、「上のものは野心におぼれ、下のものは功績を焦っている。おごり高ぶった軍は破滅するだけだ」と嘆じ、仮病で国に帰ろうとしたため、激怒した袁紹はついに沮授の軍勢を奪い、郭図に渡してしまった。
その後もあきらめずに持久戦を提案したり、兵糧を輸送する淳于瓊に護衛をつけるよう訴えたが無視され、袁紹軍は連敗し兵糧を焼き払われ、とうとう沮授も捕らえられた。
旧知の仲だった曹操は家臣になるよう説得したが、沮授は「私は降伏したのではない。捕虜になっただけだ。私の知恵は尽き果てたし、一族はすべて袁紹に仕えている。早く殺せ」と耳を貸さなかった。
曹操は沮授を解放し厚遇したが、沮授はわざと陣中を抜け出そうとして殺された。袁紹に仕える一族のために、冷遇されつづけたが忠誠を誓った主君のために、自ら死を選んだのだった。
曹操は「もっと早く沮授に会えれば、天下のことで悩むこともなかったろうに」と嘆いたという。

なお息子の沮鵠(そこく)も最後まで袁氏に仕え戦死している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R