忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・李豊  呂布から生き延びた男



李豊(りほう)字は不明
出身地不明(??~197)

袁術(えんじゅつ)の将。
197年、曹操が陳国を攻めると、橋蕤(きょうずい)を大将に李豊、楽就(がくしゅう)、張勲(ちょうくん)、梁綱(りょうこう)を守備に残し袁術は撤退した。
だが張勲以外の李豊ら四将はそろって討ち死にした。

「演義」ではもう少し出番があり、呂布との戦いでも登場。
しかし楊奉(ようほう)、韓暹(かんせん)の裏切りで敗北。李豊は突撃してきた呂布に立ち向かうが腕に方天画戟を受け逃亡した。
呂布と純然たる一対一で戦い生き延びた武将は他に関羽と張飛しかいないのでこれは驚異的なことである。
またなぜか「吉川三国志」ではこの時、呂布に追われる梁紀(りょうき)を逃がすため一騎打ちを挑むという男前なアレンジが加えられている。
その後、若干のメンバーの異同はあるが「正史」と同じように曹操軍を陳国で迎え撃ち敗死した。

拍手[0回]

PR

コメント

1. 武安国も

生き延びてますよ....。

3. 無題

「演義」は片腕斬り落とされ「横光」はそれらしき弁髪が腹をぶっ刺され、それっきり登場せずと死んでるようなものじゃないですかw

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R