忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―呂布軍・許汜  劉備にやり込められる

許汜(きょし)字は不明
出身地不明(??~??)

曹操→呂布→劉表(りゅうひょう)に仕えた。

はじめは曹操に仕えたが194年、曹操が徐州に遠征した隙に陳宮(ちんきゅう)、張邈(ちょうばく)、王楷(おうかい)らと共謀し、呂布を迎え入れ反乱した。
一時は兗州の大半を制圧したが、反転してきた曹操に撃破され、以降、陳宮・許汜・王楷は呂布に仕えた。

198年、呂布は下邳城を曹操に包囲されると、袁術(えんじゅつ)のもとに許汜・王楷らを送り救援要請した。
渋る袁術を「呂布が滅びれば次はお前の番」と説き伏せ、呂布の娘を袁術の息子とめあわせる条件で承諾を得たが、包囲された城から娘を脱出させるのは難しく、援軍は送られず、呂布は滅亡した。

許汜は以前に裏切った曹操に降伏することもできず、荊州の劉表のもとへ落ち延びた。
数年後、同じく曹操に反乱し、落ち延びてきた劉備と同席し、劉表ら3人で人物評を論じ合った。

許汜は陳登(ちんとう)を傲慢と非難した。劉表は「許汜は立派な人で嘘は言わないだろうが、陳登の名声も天下に鳴り響いている」と判断に困った。劉備になぜ傲慢と思うのかその理由を聞かれ「ろくに口を利かず、自分は寝台で寝て、私は床に寝かされた」と許汜は言った。
すると劉備は「あなたは名声がありながらろくに進言もしなかったから、言葉を交わす必要もないと思われたのだ。私なら寝台どころか百尺の楼上に寝て、あなたは地べたに寝かせるだろう」とやり込め、劉表は大笑いしたという。(『呂布伝』)

ちなみに陳登は許汜だけではなく多くの人物に横暴・傲慢と非難されており、彼を弁護する人物は非常に少ない。

「演義」に許汜は袁術への救援要請の場面にしか登場しない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R