忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・魏越  幻の猛将



魏越(ぎえつ)字は不明
出身地不明(??~??)

~経歴~
呂布の家臣。

呂布は王允(おういん)と結託して董卓を暗殺したが、李傕(りかく)、郭汜(かくし)ら残党に襲われ都から逃げ出した。
はじめは袁術(えんじゅつ)を頼ったが、裏切りを重ねる呂布を恐れた袁術は、暗殺しようとしたため、呂布は袁紹のもとへと逃れた。
当時の袁紹は黒山賊の張燕(ちょうえん)と戦っており、呂布に攻撃を命じた。
張燕の兵力は数万に及んだが、呂布はわずか数十騎で一日の間に3~4回も突撃を仕掛け、10日あまりでついに打ち破ってしまった。
このとき、呂布のかたわらで奮戦したのが魏越と成廉(せいれん)である。
すでに呂布のもとには張遼や高順(こうじゅん)もいたはずだが、彼らをさしおいて名を挙げられているのだから、相当の働きだったのだろう。
しかし成廉はその後もいくつか記述が残るが、魏越はこれっきり姿を現さなくなる。
呂布伝では、猛将を意味する「健将」と魏越を表現しているが、それほどの将が一度きりの登場とは惜しい限りである。

呂布はその後間もなく、並外れた武勇を恐れた袁紹によって追い出されてしまう。その背景には呂布だけではなく魏越の活躍もあったに違いない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R