忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・郝萌  頭隠してなまり隠さず



郝萌(かくぼう)字は不明
司隷河内郡の人(??~196)

~経歴~
呂布の配下。「正史」には記述がなく、裴松之の注に引かれた「英雄記」にしか登場しない。

196年、劉備の客将だった呂布は、劉備軍が遠征に出た隙をつき、留守をあずかる張飛を追い出し、徐州を占拠した。
それから間もなく、郝萌は呂布に反旗を翻し襲撃した。呂布は誰に襲われたのかわからないまま、高順(こうじゅん)の営舎に逃げ込んだ。
呂布から襲撃者に河内なまりがあったと聞くと、高順は即座に襲撃者が郝萌であると断定した。
さっそく高順は郝萌の部隊を攻め、これを撃破した。郝萌は逃げ出したが、部下の曹性(そうせい)に裏切られ、腕を斬り落とされた挙句に首を取られた。

曹性は、郝萌は袁術(えんじゅつ)、そして呂布の参謀である陳宮(ちんきゅう)と謀って反乱を起こしたと話した。陳宮は否定しなかったが、証拠不十分のためか罪には問われなかった。
曹性はさらに、呂布に逆らうことの愚かさを郝萌に説いたのだが聞き入れられなかったと語り、機嫌を良くした呂布は郝萌の部隊をそのまま曹性に任せることとした。

ちなみに曹性は「演義」では夏侯惇の片目を射抜いた人物にされている。その場で殺されてしまったが大抜擢と言えよう。

なお「演義」での郝萌は反乱を起こすこともなく呂布の配下として戦っており、曹操軍に城を囲まれた際に、袁術へ援軍を求めに行く使者の護衛を務めたものの、張飛に捕らえられた。
郝萌は援軍を求めたことをあっさりと白状したが、すぐに処刑されてしまうという情けない役どころである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R