忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・薛蘭  名士かもしれないちょい役



薛蘭(せつらん)字は不明
出身地不明(??~195)

呂布の配下。
194年、張邈(ちょうばく)が曹操に反旗を翻し呂布を迎え入れ兗州の大部分を制圧すると、呂布が兗州牧を称し、薛蘭はその別駕となった。別駕は刺史や州牧の副官にあたり、薛蘭は相当の高位にいたことがうかがえる。
薛蘭は李封(りほう)とともに勇猛で知られる李乾(りけん)を招聘しようとしたが、拒絶されたため李乾を殺害した。
翌195年、李乾の甥・李典(りてん)は曹操軍とともに攻め寄せ、薛蘭と李封を斬り仇を討った。

「演義」では呂布配下の一将の扱いで、部下が略奪している間に曹操軍の奇襲を受け、呂虔(りょけん)に射殺された。

「横光三国志」ではさらに扱いが軽く、曹操軍としての初陣を飾った許褚に李封と二人まとめて斬られるかませ役を演じた。


~薛蘭は八俊なのか~
驚くべきことに薛蘭は「後漢書」に屈指の名士集団である「八俊」の一人として挙げられている。
「横光三国志」などの程遠志(ていえんし)とどっこいの扱いから見ると単なる同姓同名の別人に思いがちだが、「正史」では相当の高位におり、また子孫が唐代まで続く名家でもあることから、あながち別人とも言い切れない。

また余談だが薛蘭の子・薛永(せつえい)は後に蜀に仕えたらしいが、水滸伝の百八の好漢にも薛永という人物がおり、ネット上で薛蘭の子のほうの薛永の記述を探すのは一苦労である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R