忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・董卓  暴君

  

董卓(とうたく)字は仲穎(ちゅうえい)
涼州隴西郡の人(?~192)

~経歴~
三国初期の群雄。独裁政権を立て暴虐の限りを尽くした。

生まれつき武芸に優れ、馬上で両手を使って騎射することができた。若い頃は各地を放浪し、羌族ら異民族の頭領を訪ねては交流を結んだ。
その後、郡の役人となると略奪を働く胡族と戦い、多くの戦功を立てた。
董卓の名は都に届き、司徒の袁隗(えんかい)に招かれた。并州で羌族が反乱を起こすと、張奐(ちょうかん)の討伐軍に加わり、勝利に貢献した。その際にもらった褒美は全て部下に分け与えた。
やがて并州刺史に昇進し、辺境で羌族と戦うこと百回を超えたという。

184年、黄巾の乱が起こると、失脚した廬植(ろしょく)の跡を継いだが、この時は敗退し自身も免官となった。
同年冬、涼州で韓遂(かんすい)、辺章(へんしょう)らが羌族・胡族とともに大規模な反乱を起こすと、実績を買われた董卓は復職し、皇甫嵩(こうほすう)、孫堅とともに討伐に赴いた。
しかし総司令官の張温(ちょうおん)の指揮はまずく、結束はばらばらで、董卓も軍令をたびたび無視したため、孫堅と敵対した。孫堅は董卓を処罰するよう進言したが、皇甫嵩が取りなしたため事無きを得た。だが董卓は事情を知らず皇甫嵩を逆恨みしたという。
なんとか韓遂らを本拠地に追い返すことはできたが、羌族と対峙していた董卓は大軍に囲まれ、兵糧も欠乏し窮地に陥った。董卓は兵糧の足しにしようと魚を捕るふりをして、密かに川をせき止めると、水のなくなった堰の下を通り脱出した。気づいた羌族が後を追うと、すかさず堰を切り、川は水位を増して追撃できなかった。
討伐軍は6師団のうち5師団が敗北する大苦戦だったが、董卓の軍だけは大きな損害を受けなかったため激賞されたという。

188年、韓遂は馬騰(ばとう)、王国(おうこく)とともに再び反乱を起こした。董卓は皇甫嵩とともに戦ったが、この時の董卓の進言はことごとく無視され、進言の逆をいった皇甫嵩の策は次々と当たり、大勝を収めたものの、董卓の評価は落ちたため、ますます皇甫嵩への恨みを深くした。

乱世の様相をていしてきた世情を察知した董卓は、中央に進出する機会をうかがようになった。都からは何度も軍を皇甫嵩に引き渡して帰還するよう命じられたが、董卓は命令を無視して并州に赴任し続けた。

189年、霊帝(れいてい)が没すると、大将軍の何進(かしん)は宦官を一掃しようと企み、董卓ら地方の勇将に助力を乞い、都に招いた。董卓は時は来たりとわずかな兵を率いて洛陽に急行した。
やがて何進は宦官によって暗殺され、その報復として袁紹らは宮中に突入し、宦官を皆殺しにした。
宦官の筆頭格だった張譲(ちょうじょう)は当時の皇帝・少帝(しょうてい)と弟の陳留王(ちんりゅうおう)をつれて脱出したが、董卓軍に追いつかれて自害し、董卓は少帝らを奪回し凱旋した。
このとき董卓は兄弟に事情を聞いたが、少帝は恐怖のあまり満足に話せず、代わって陳留王が的確に説明し、また陳留王の祖母が董卓の一族だったことから、聡明なこの子ならば自身の傀儡として使えると考えた。

董卓は3000ほどの兵しかつれていなかったが、一部の兵を夜間に密かに抜け出させると、翌日に仰々しく入城させることをくり返し、兵力を多く見せかけた。
裏では亡き何進らの兵を取り込み、丁原(ていげん)の腹心・呂布(りょふ)を寝返らせると丁原を殺させてその軍も吸収し、ついに強大な軍事力をたてに司空となり、少帝を退位させ陳留王を献帝(けんてい)として即位させ、自身はその後見の座につき独裁政権を樹立した。

少帝とその母の何(か)太后も暗殺し後顧の憂いを断った董卓は暴虐の限りを尽くし、都の富豪を襲って財産を奪ったり、村祭りに参加する村民を皆殺しにしたり、意に沿わないものは次々と殺した。
その一方で伍瓊(ごけい)、周毖(しゅうひ)、何顒(かぎょう)らに人事を委ね、名士や有力者を次々と重職に任じて懐柔しようとした。
しかし都から出奔した袁紹、橋瑁(きょうぼう)らの呼びかけで、そのほとんどが反旗を翻し、董卓追討軍を結成してしまい、激怒した董卓は伍瓊ら三人を処刑した。

董卓は都にいた袁紹の一族を皆殺しにすると洛陽の都を焼き払い、本拠地の涼州に近い長安に遷都し、自身の軍勢だけで洛陽に駐屯した。
追討軍には多くの諸侯が名を連ねたが、そのほとんどは名声を求めて参加しただけで、軍としての結束は薄く、連敗を重ねた。
しかし孫堅と対峙した胡軫(こしん)が、かねてから折り合いの悪かった呂布に裏切られて大敗すると、韓遂との戦いに従軍した際に孫堅の勇猛さを知っている董卓は洛陽を捨てて長安へ撤退した。
焦土に残された追討軍は目的を失い、自然解散した。

長安に移った董卓は太師と称し、一族を次々と高位につけ自らは皇帝のように振舞った。
かつての上官の張温を理由をつけて殺し、謀反を企んだ荀攸(じゅんゆう)を捕らえ、反逆した朱儁(しゅしゅん)を打ち破った。またこの頃に皇甫嵩と和解し、配下に収めている。
諸侯が袁紹と袁術(えんじゅつ)の二大派閥に分かれて争い始めると、公孫瓚(こうそんさん)らに官位を贈り袁紹の背後を襲わせるなど、裏工作にいそしんだ。

董卓政権は磐石かと思われたが、執政を任された王允(おういん)は剛直の士で、士孫瑞(しそんずい)とともに謀議をこらし、董卓暗殺を企んでいた。
王允は呂布が董卓の侍女(貂蝉のモデルである)と密通したかどで董卓に殺されかかったことを恨んでいるのを知ると、仲間に引き込んだ。

192年、宮中に参内しようとした董卓は李粛(りしゅく)の兵に道を阻まれた。激怒して呂布を呼び出すと、呂布は董卓誅滅の詔を示し、その場で斬り殺した。
董卓の一族は90歳になる母親を含め全員が王允の兵や袁一族の縁者によって殺された。
董卓によって殺された袁一族は改めて盛大に弔われ、一方で董一族の死体は一ヶ所に集められ火をつけられた。
非常な肥満体だった董卓の死体のへそにはロウソクが挿されたが、体から流れ出す脂で数日にわたり燃え続けたという。

王允はすこしでも董卓に加担していたものは残らず処刑した。大儒学者の蔡邕(さいよう)も例外ではなく、董卓の死を嘆いた(儒学者としては主君の死を嘆くのは当然の行為である)ことを咎められ投獄された。蔡邕は腐刑と引き換えに助命を嘆願し、史書の執筆を申し出たが王允は「私の恥を後世に書き残す気か」と赦さず、のちに思い直して釈放しようとしたものの、衰弱した蔡邕は獄死してしまい、大いに批判された。

王允は李粛に命じて董卓の娘婿・牛輔(ぎゅうほ)を追撃させたが、李粛は敗走し、激怒した呂布に斬られた。牛輔は逃走中に財産に目のくらんだ配下の胡赤児(こせきじ)に殺された。
董卓残党の李傕(りかく)、郭汜(かくし)、樊稠(はんちゅう)、張済(ちょうせい)らは降伏を申し出たが、王允は許さなかった。
解散して各地へ逃げ出そうとしたが、張済のもとにいた賈詡(かく)が「一丸となって都を攻めるべきだ。逃げるのはその後でもいい」と主張したため、長安へ攻め上がった。分散していた残党が集まり10万の大軍に膨れ上がり、迎撃に出た呂布も破った李傕軍は長安に突入した。
呂布は脱出したが、王允は逃走をうながされても「幼い皇帝は私を頼りにしている。逃げる訳にはいかない」と拒否し、董卓残党によってなぶり殺しにされた。
董卓に代わって李傕らは、一層酷い暴政を敷き、やがて仲間割れをはじめて樊稠が殺され、賈詡の進言で張済は都を見限って出て行き、混乱はなお続くのであった。

残党は董卓の死体の灰を集め、棺に収めて葬ったが、天の怒りに触れたのか、董卓の墓は間もなく暴風雨に襲われ、水に流されたという。
陳寿は「董卓は心ねじけ残忍で、暴虐非道であった。この世に文字が生まれて以来、これほど酷い人間はいない」と記している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R