忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・張繍  猛将は機をわきまえる



張繍(ちょうしゅう)字は不明
武威郡祖厲県の人(?~207)

~経歴~
張済(ちょうせい)の甥。後漢末の群雄。
若い頃から馬術と軍才を知られる。韓遂に呼応した反乱軍により主君を殺されると、その仇討ちを遂げさらに韓遂を撃破し、一躍名を上げた。武名を聞いた董卓に招かれ、董卓の死後は族夫の張済に仕えた。
張済が戦死すると代わって軍を率いることになる。曹操に攻められて降伏するが、張済の未亡人だった鄒氏(すうし)を曹操に奪われて激怒し反乱を決意。軍師の賈詡の活躍もあり、曹操の息子や甥、さらに猛将・典韋を討ち取る大戦果を上げた。
その後もたびたび曹操を苦しめたが、曹操と袁紹が対立すると賈詡の「いま曹操に降れば重用される」との助言に従い降伏。官渡の戦いでも手柄を立て将軍に任じられた。
娘が曹操の息子に嫁ぐなど厚遇されたが、北方の征伐中に病死した。
一説によると曹丕には「兄を殺した奴」と目の敵にされ、立場を失いそれを苦に自害したとも言われる。

その後、息子の張泉(ちょうせん)は219年に魏を揺るがせた魏諷(ぎふう)のクーデターに連座し処刑され、張繍の血は途絶えた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R