忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・閻柔  三国時代のジョン万次郎



閻柔(えんじゅう)字は不明
幽州広陽郡の人(??~??)

若い頃に北方の異民族に捕らえられたが、謎のカリスマ性で逆に異民族と親密になった。
その後、時期は不明だが鮮卑族の協力を得て烏桓校尉(烏桓族に対抗する漢の役職)を殺しその地位を奪った。

193年、劉虞(りゅうぐ)が公孫瓚に殺されると、旧臣の鮮于輔(せんうほ)らは復讐を誓い、閻柔を擁立した。
劉虞は異民族からの信望が厚く、閻柔は異民族との太いパイプを活かし、数万にも及ぶ漢民族・異民族の連合軍を集めた。
さらに公孫瓚と対立する袁紹とも連携し199年、ついに公孫瓚を滅ぼした。

それを機に袁紹とは親密だったが200年、官渡の戦いを前に時勢を見極めた閻柔は曹操に臣従した。
205年、曹操が袁紹の子・袁譚(えんたん)を討つと閻柔は鮮卑・烏桓の両勢を率いて貢物を届けた。曹操が烏桓の単于(王)蹋頓(とうとん)の討伐に乗り出すとそれに従軍し勝利に貢献した。

その後も鮮卑・烏桓と曹操との間を仲介し、曹丕の代になっても重用された。曹一族とは私的な交遊も結び、曹操からは子のように、曹丕からは兄弟のように慕われたという。

三国時代のジョン万次郎のような興味深い人物ながら創作で採り上げられたことはほとんどなく、「演義」にも一切登場しない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R