忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―その他・蹋頓  命を捨て祖国を救う



蹋頓(とうとん)字は不明
烏丸の王(?~206)

~経歴~
中国北部を領した烏丸(うがん)族の王。
袁紹とは親密で、自慢の騎馬軍団をたびたび貸し出した。やがて、公孫瓉(こうそんさん)をともに滅ぼした功で印綬を贈られ、単于(ぜんう 王の意)を名乗った。
武勇と統率に優れ、中央からの流民を広く受け入れ文化の吸収に努めるなど、政治手腕も高かった。
しかし官渡の戦いののち、袁紹の息子たちをかくまったことにより、曹操との関係が悪化。
曹純(そうじゅん)・田豫(でんよ)らの討伐軍により捕らわれ、処刑された。

「秘本三国志」では一族を守るため、わざと敗戦し自分の首を献上し、曹操に許しを乞うという男前な最期に描かれる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R